読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏社会を求めて。

すすきのを中心とした国内風俗や、海外風俗など。 その地域の裏を書き記したいと思います。

【台湾風俗】台湾の亞太三溫暖で台湾人とセックスしてきた【三温暖】

台湾風俗

お疲れ様です。今回は私が台湾のサウナに行った時の話をしたいと思います。

前回は別のサウナに行った時の話をしましたが、今回は亜太三溫暖について話をします。

台湾観光を午前で打ち切り、電車でサウナで向かいます。このサウナはデパートの15階に店舗を構えております。ですのでデパートの店内に入り、エレベーターに乗るわけですが、家族連れと一緒のエレベーターに乗ってしまうんですよね。すすきの基準だとありえないす。

f:id:dai_daisuke:20161028220113j:plain

そして15階に到着して、豪華絢爛な受付で店内に入ります。店内に入った後はとてつもなく広い風呂、というよりもプールに入り汗を流します。

そして丹念に体を洗って、休憩着に着替えた後、休憩室に入ります。

休憩室でくつろいでいたら、休憩室をせわしなく動いているいわゆるやり手のオバちゃんに「SPマッサージ?」と聞かれます。待ってましたと言わんばかりにこくりと頷くと、ついてくるように指示されます。

指示通りついていき、階段を上がると行き止まりに到着です。え、行き止まり?と思っていたら、ドラゴンクエストの隠し扉の如く壁が開き、中に入っていきます。

そして中を進んでいくと、廊下の左右にプレイルームがありました。およそ4つの扉の奥から複数の女性の喘ぎ声が響いておりました。

そして部屋に案内され、女の子を待っているとミニスカートのチャイナドレスを着た、目が細いスレンダーな女性が扉をあけていました。そして、女の子の右手には洗面器があり、その中にはコンドームやローションが入っていました。

まずは普通のマッサージです。台北各地を歩き回っていた私の体は疲れ果てており、正直、この普通のマッサージで少し眠りそうなぐらい気持ちよかったです。

そして女の子の手の動きが止まり、ガサゴソと物音がして、何をしていたのかなと思ったら、女の子はすでに生まれたままの姿になっていました。

そして、少し体を浮かせながら、俯せの態勢になってほしいと言われ、その通りの体制になっていると、なんとその女の子は私のアナルを舐め始め、私のペニスをしごき始めました、この時ははじめてのアナル舐めだったため、私のペニスは怒張しきっていました。

そして仰向けになり、帽子をかぶって、そのまま女の子の中に騎乗位で入っていきます。部屋の明かりが暗く、女の子のシルエットがわたしの上でストリップの如く揺れていたのが印象的です。そして正常位でわたしが上になり、女の子の中を突いていきます。狭い施術台の上ですので、うまく腰が動きません。女の子は、正常位が苦手な人だと判断したのか、また騎乗位の体勢になり、まさに馬に乗るがごとく、激しく腰を動かしてきました。ペニスへの刺激も大きくなり、女の子の中で果てました。

そしてセルフでシャワーを浴びて、お礼を言って隠し扉から出ました。

正直、台湾のサウナは日本のソープに慣れている私から見てみると刺激的なものばかりでした。

次は香港の141に行った時の話でもしようと思います。